連携体プロジェクト - ものづくり支援センターしもすわ

LLP エコネット・しもすわ

enm
コア企業
有限会社 増沢製作所
構成
大和電機工業㈱,㈱タカベ精工,㈱サンケイ商事 Ecofuture事業部,(有)オグマエンジニアリング,ものづくり支援センターしもすわ
活動開始
2009.10
お問い合わせ先

有限会社 増沢製作所

0266-27-6234

募集・対応状況

  • 商品・製品のご注文受付中
  • 取材受付中

その他のプロジェクト

下諏訪の技術の集合が下諏訪型の「エコ」を生み出す。
逆境をバネに新しいチャレンジ。

リーマン・ショックの影響が下諏訪町の製造業にも直撃する中、2009年に発足した連携体プロジェクト「エコ・ネットしもすわ」。有限会社 増沢製作所をコア企業に5社が参加するこのプロジェクトでは、その活動の第1弾として「ソーラー発電によるLED街路灯」の開発をスタートしました。参加企業から様々なアイデア、技術が集まる、翌2010年2月には動作試験も兼ねた「サンチェイサー1号機」を諏訪湖畔に設置。特徴はその名の通り、方角と仰角を調整しソーラーパネルを常に太陽の方向に向けることで従来のソーラー街路灯の約1.7倍の発電効率を実現しました。

「現在では合計8機の街路灯が諏訪湖畔に設置されています。商品としても販売しているのですが、それに加えて下諏訪の技術を集めてつくったエコな商品を、下諏訪で運用することで地域のPRにもなればと思っています。
」増沢製作所の増沢会長はそう語りました。

「次のステップとして、新たな商品の開発に取り掛かりたい。各社がそれぞれの得意技を持ち寄って課題に挑戦していくのが連携プロジェクト。これを続けていくこと自体も、一つの大きな目的になっています。」今後も下諏訪から生まれる「新しいエコ」に大注目です。

下諏訪町工業ガイド2012より

新着情報

  • 2011.9.27

    日経トレンディネットに記事掲載されました!

    日経トレンディネットに、「町おこしの希望を灯す信州・諏訪湖畔の太陽光発電街路灯」と題して、有限責任事業組合「エコ・ネット しもすわ」 の開発した太陽光発電街路灯及び「ものづくり支援センターしもすわ」の取り組みが掲載されました。 ぜひご覧ください。
    以下のページリンクからご覧ください。<a title=”日経トレンディネット記事掲載” href=”http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110918/1037979/”>日経トレンディネット掲載記事</a>