ものづくり支援センターしもすわ

企業インタビュー

支援センターでは、毎月2社へのインタビュー取材を行っています。
町内企業の技術者の言葉を通じて、下諏訪町のものづくりの過去、現在、そして未来を探ります。

maruken1

円研工業

ほとんどがお客さんからの要望なので、なんとかするという気持ちで試行錯誤でクリアしてきました。

続きを読む

nakamura1

ナカムラ機械彫刻研究所

加工自体は機械化されていても、元のデータや機械の調節を行うのは結局人間です。

続きを読む

kanenaka1

金中製作所

研磨前と研磨後それぞれの金属を手に、「もっとピカピカにできますよ」と笑って答えてくれた中村さん

続きを読む

takahashi1

高橋精機

およそ10年前に修行と並行して工場の経営を継いだ高橋さん。年季の入った50台近い機械のパフォーマンスを最大限に引き出します

続きを読む

mec1

MEC

「自分の技術がいいか悪いかは自分では絶対に決められないから。他人の評価がすべてですね。」綺麗に整えられた美術品のようにも見えてくる金属の表面

続きを読む

cp1

センターパーツ

工場で動く機械のいくつかは山岡さん自身がゼロから作ったものだという。「とにかく要望キッチリに仕上げる!それだけだよ」

続きを読む

oguma1

オグマエンジニアリング

自由な発想とフットワークを大切にする小熊さんの工場では、今日も「現場のため」の製品が生み出されています。

続きを読む

masuzawa1

増澤製作所

全国で使われる「ハイブリッド無停電装置」。自然から取り出したエネルギーだけで暮らす、エネルギーの自給自足生活を目指す。

続きを読む

matsubayashi1

有限会社松林鋸製作所

大小様々な鋸が並ぶ松林鋸製作所の工場。使い込まれツルツルになった鉄床の前に座り、金槌で刃の微妙な調整をする上澤さん。

続きを読む

dr1

株式会社D.R Pocket

下諏訪の技術と2人のものづくりに対する熱い情熱が近い未来、宇宙をもっと近く、もっと身近なものにしてくれるのかもしれません。

続きを読む

fit1

有限会社フィット

昆虫の視点から見たような、大迫力のカマキリの写真が飾られた部屋で社長の長岡さんが見せてくれたのはここフィットのスゴ技。

続きを読む

shimizu1

清水精密

部品が収められた沢山の箱の横を通り、工場の中へと入っていきます。入口近くからずらりと穴あけタップと呼ばれる加工機械が並びます。

続きを読む

kouyo3

有限会社 光陽舎

貴金属や医療用部品の精密研磨加工。芸術性や安全性が求められるものを磨く。アールのとり方ひとつで仕上がりは全く違います。

続きを読む

sin3

有限会社 シンパーツ

手仕事によるスプリングの製造。こんな時代でも、機械でやる方がかえって時間がかかる仕事があるんです。

続きを読む

kawaguchi3

有限会社 川口精機

ステンレス材、難削材の自動旋盤加工。「どこに依頼を持って行ってもできないと言われた」 そんな仕事を引き受けています。

続きを読む

SNSでシェアする
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+