ものづくり支援センターしもすわ

【スゴ技】円研工業

2014.8.22

高精度の研削加工

ものづくり支援センターしもすわの道向かい。研削加工を得意とする円研工業の小池さんにお話をお聞きして来ました。

−スゴ技「研削加工」とはどういった加工なんですか?

旋盤やフライス盤などの刃物を使った切削加工とは違って、砥石を使って磨きながら削っていくのが研削加工です。特徴としては表面が細かくて高精度で仕上げられる点が挙げられます。1/1000mmで勝負できる加工方法です。

−その精度のデモンストレーションが見られるとお聞きしているのですが。

例えば金属の棒と穴の空いた部品を研削加工で限りなく密着するように加工します。そうすると例えば水槽に穴の空いた部品を取り付けて、そこに棒を差し込んでから水を注いでも一滴も漏れてこないんです。接着もなにもしていないので当然動かすこともできます。

−(デモンストレーションを触りながら)全然ガタつかないですし、すごく滑らかですね!この精度にたどり着くまでに苦労はありましたか?

苦労はしましたがほとんどがお客さんからの要望なので、なんとかするという気持ちで試行錯誤でクリアしてきました。ただその過程は「お客さんの図面通りのものをつくる」というシンプルなものです。

今後は最終的な加工に近い研削加工から範囲を広げて、研削の前工程である旋盤・フライス盤加工も自社内に設備して、迅速対応が出来る体制を整えていくそうです。

PROFESSIONAL


小池 武彦さん(左)
有限会社円研工業
長野県諏訪郡下諏訪町西鷹野町4611-93
tel.0266-27-5972
fax.0266-28-8649

本ページの情報は2013年下諏訪工業ガイド掲載時点のものです
SNSでシェアする
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+