ものづくり支援センターしもすわ

【スゴ技】金中製作所

2014.8.22

バフ研磨で部品から装飾まで

研磨に特化した加工を得意とする金中製作所の中村さんから、仕事に対するこだわりと姿勢をお聞きして来ました。

−スゴ技の「バフ研磨」について教えて下さい。

通常の研磨っていうのは言葉で言うと「削る」加工が主なんですが、バフ研磨は「磨く」加工なんです。具体的には高速で回転する専用の布に材料を当てて表面を磨いていきます。手間はかかるんですが仕上がりの鏡面のような光沢感はこの方法じゃないと難しいんですね。

−鏡みたいですね!どういったものに使われるんでしょうか?

装飾的なものが多いですね。例えばバイクや自転車のブレーキハンドルのような部品をよくやります。見た目が大事な部分や、形が複雑な部分もバフ研磨が得意とするところです。1×10mmくらいの小さなステンレスやチタン部品の精密研磨から、1×2mのステンレス製のカバーも研磨しています。特殊なところでは、寸法と面粗度がシビアな医療機器用チタン部品の研磨や、2012年技能五輪の入賞メダルの研磨などもやらせていただきました。

−1つ1つ手作業なんでしょうか?

そうですね。基本的には手仕事で磨いていきます。数をやるのは難しいんですが、逆に数が少なくて機械化するメリットがない部品やそもそも少量の部品、試作から仕事を受けられます。それがうちの強みにもなっているんじゃないかな。

研磨前と研磨後それぞれの金属を手に、「もっとピカピカにできますよ」と笑って答えてくれた中村さんでした。

PROFESSIONAL


中村 哲治さん
金中製作所
諏訪郡下諏訪町栄町5036
tel.0266-27-8448
fax.0266-28-5361

本ページの情報は2013年下諏訪工業ガイド掲載時点のものです
SNSでシェアする
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+