ものづくり支援センターしもすわ

【スゴ技】有限会社 シンパーツ

2014.3.11

手仕事によるスプリングの製造

こんな時代でも、機械でやる方がかえって時間がかかる仕事があるんです。

諏訪大社秋宮脇の坂を登り諏訪湖が見渡せる高台にあるシンパーツの工場。中に入ると社長の村山さんとその息子さんが真剣な眼差しで加工されていく小さなスプリングをチェックしていました。

「うちは自然な流れで息子が入ってくれた。まだまだ伝えきれていないこともあるけど、これから数年で後継ぎとして全部の技術を渡していきたい。」そう語る村山さんの持つスゴ技は「手仕事による特殊スプリングの製造」。ほとんどの製造・加工を機械で行なっている中、どうしても手仕事でないとできないものがあるのだそう。

「技術は進化しているけど、やっぱり手でしか作れなかったり、手でやった方が早いものもある。例えばちょっとした試作なんかはこうやって初めから手作業で作ってしまいます。」そう言って使い込まれた何個もの道具の中から一つのペンチを持ち、慣れた手つきでスイスイとあっという間に小さなバネを作ってくれました。

「機械加工の技術やノウハウはもちろんだけど、こういった仕事も若手に教えていきたい。マニュアルにはないから難しいですけどね。」

全国的にも技術の後継者が問題視される中、ごくごく自然な形で技術が引き継がれている現場がそこにはありました。

PROFESSIONAL

村山 繁さん
有限会社 シンパーツ
下諏訪町武居南5952-3
tel.0266-27-7186
fax.0266-27-6151

本ページの情報は2012年下諏訪工業ガイド掲載時点のものです
SNSでシェアする
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+