ものづくり支援センターしもすわ

【スゴ技】有限会社 川口精機

2014.3.11

ステンレス材、難削材の自動旋盤加工

「どこに依頼を持って行ってもできないと言われた」 そんな仕事を引き受けています。

大きく長い加工機械が並ぶ工場の中。次々と加工されていく部品をひとつひとつ手に取りながら確認をしている社長の川口さんに、スゴ技「難削材の自動旋盤加工」についてのお話を聞いてきました。

「うちは硬かったり、ピアノ線のように細かったり、それと加工のノウハウがまだあまり出回っていない新素材なんかの旋盤加工を主にやっています。」どんな素材でもやる、という前置きからそう話してくれた川口さん。これまでも、「他のところでは出来ないと言われた」という依頼を受けて要求に応えたり、同業者や後輩技術者からの加工についての相談にのったりと周りから「困ったときの川口さん」と言われるような存在なのだそう。

そのスタイルが実を結び、徐々に色々なところから仕事や相談がくるようになった。

「お客さんが困っていることに技術で応えて、いいモノを作り続けてさえいれば“やった仕事”が勝手に営業して回ってくれるんですよ。」そう言う川口さん。この日もそれぞれの加工機械を通る素材が、大小様々な部品となってひとつまたひとつと生み出されていました。

PROFESSIONAL

川口 和茂さん
有限会社 川口精機
下諏訪町西赤砂4387-2
tel.0266-27-4665
fax.0266-26-7850

本ページの情報は2012年下諏訪工業ガイド掲載時点のものです
SNSでシェアする
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+